エステの脱毛器と家庭用の脱毛器って何が違うのですか?

家庭用脱毛器とエステでの脱毛で一番違う点は、出力の強さだと言われています。確かに、以前までの家庭用脱毛器は法律に準じ、一般家庭において安全に使用することができる出力しか出すことができませんでした。もちろん、エステなどの脱毛器に比べれば大きさも家庭用では比にならないため、効果が薄いと言われていた現実があります。しかしながら、近年の家庭用脱毛器はエステ並みの効果が得られるものも増えてきているのです。

また、エステでの脱毛は出力も強いために相応のリスクがあるということも知っておいて損をすることはありません。その時の体調やお肌のコンディションによって異なりますが、火傷などのトラブルに見舞われたり赤みを帯びてプツプツした湿疹のようなものができたりするケースがあるのです。もちろん、家庭用脱毛器も使い方を間違えてしまうと、このようなトラブルに見舞われる可能性は否定できませんが、エステよりも格段にお肌への影響が少なく済むという違いもあります。

以前は、家庭用脱毛器でVラインなどデリケートな部位の脱毛はできないと言われていました。しかしながら、最近の家庭用の機械はVラインなどデリケートな部位の施術が可能になっているものも多いのです。つまり、以前まではエステと家庭用脱毛器ではどちらが良いかと言われるとエステということが多かったのですが、近年は嬉しいことに、家庭用の機器でも施術可能な部位が増えてきているため、大きな違いというのはほとんどなくなってきています。

脱毛器に関するQ&A

このページの先頭へ