脱毛器とエステの脱毛はどちらがおすすめですか?

夏に向けて脱毛を考えている女性にとって、自分で脱毛器で処理するのか、それともムダ毛の処理をエステでするのかで悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。しかしひとつ気をつけておきたい事は、基本的にエステでの脱毛は法律違反であるという事です。

実は、「脱毛」(永久脱毛)とは本来は「医療行為」であり、医療機関にのみ許される治療なのです。

【参考】 永久脱毛は医療行為です|日本医学脱毛協会

ではエステでの脱毛はというと、「医療行為」ではなく「美容サービス」といった位置づけであり、決定的な違いとしては、レーザーやフラッシュなどの光を照射して毛根を破壊するかどうかという点です。毛根を破壊する行為、つまりそのぐらい強い光で照射して脱毛するのが医療行為であり、毛根を照射しない脱毛は美容サービスである、といったところです。

毛根を破壊するのは医療行為のため、医師免許を持っていなければ顧客を相手に脱毛処理を行うことはできません。一方エステなどの医療機関以外では、毛根を破壊しない程度の脱毛処理、つまり光の照射レベルが低いため、効果がとてもあるとは言いがたいのが現状です。もちろん、永久脱毛となると尚さら疑わしいものなのです。

2012年5月22日には、脱毛専門のエステティックサロン「ドクタータカハシ」の社長が、光を照射して毛根を破壊する「光脱毛器」を使って脱毛する医療行為を医師免許がない従業員にさせていたとして逮捕されました。

また、エステで脱毛する場合は、以下のような不安要素もあります。

  • エステで脱毛の予約をしても、数カ月待ちなどなかなか予約が取れない
  • 経費削減のため脱毛器の衛生管理不足
  • 「お試しキャンペーン」に行ったら、強引な勧誘に巻き込まれた
  • チェーン店のため、店舗によって技術力に差がある

こういった理由から、基本的に脱毛は自己責任の下で脱毛器で自分で処理するのが安心でお財布にもやさしい、というわけです。

脱毛器に関するQ&A

このページの先頭へ